原発性アルドステロン症~日々の出来事つれづれ日記~

原発性アルドステロン症の事、日々の暮らしの些細な事、お気に入りやおすすめなものを綴ります

婦人科受診しこの春までホルモン補充療法

アルドステロン?という言葉を初めて聞き、アルドステロン症が確定するまでは、あっという間でした。

それまで…体調不良の原因がわからず(というか更年期だと思い込んでいた)。

アルドステロンだけが原因ではなかったかもしれませんが、ほぼその高血圧からくる症状だっただろうと。

間違いなく高血圧だったのに高血圧に関しては全く意識していませんでした(-_-;)

 

血圧なんて全くノーマークでした!

 

 3、4年前から今までになかった倦怠感。

そして頭痛。

微熱も続いたり息切れも。

呼吸器系や甲状腺など採血したり調べてもらいましたが何の問題もなく。

どこかおかしいのかな?と思い始めると余計に?一時的に手足のこわばりのようなものもあったりで膠原病系を調べてもらったりも。

 

そのうちめまいも時々、ホットフラッシュもあったりで、年齢的にも更年期かな~と。

 

で、起きるのもしんどい日があって、

最後の手段と思っていた婦人科を受診。

それが2年前の夏です。

 

先生「更年期はあらゆる可能性のある病気を排除した結果たどりつきます」

めまいで耳鼻科も行ったし色々受けて問題なかったしな。。。

 

「とりあえずホルモンの採血を調べましょう。」

結果は来週。

 

で、その日先生に漢方薬をすすめられましたが、

「漢方薬より即効性のあるものでお願いします!」とお願いし(ネットでホルモン補充療法で劇的に体調が回復したと書いてる方々の記事を見たりしたので)、

ホルモン補充療法を始める事に。

 

生理不順や生理過多などいろんな用途で行われるホルモン補充療法。

女性ホルモンを補充するので乳がんやなどのリスクも増えるし、先生にはあまりおすすめしないと言われましたが強く希望しました。

 

その時は体調最悪で

このだるさ、しんどさもうどうにかしてーーという感じだったので。

 

で、ルナベル配合錠という薬を処方してもらいました。

 

飲み始めて数日は気持ちが悪く(ひどいムカムカ!)さらに体調不良。

それが飲み始めて3日目位には体調もすっきり!

効いてるんだ!と思いました。

副作用にあるような胸の張りや痛みみたいなものがある事もありましたが(苦笑)

以前の倦怠感とかに比べたら全然気になりません!

 

薬局では「このお薬続けて問題ないですか?多くの患者さんから薬が強すぎて色々症状があるとお聞きします」と言われていました。

  

その間は倦怠感等症状が出たり治ったり。。。

周りもみんな更年期で何らかの症状あるとか言ってるし

付き合うしかないのかな~

でも更年期にしたら長い!と。

 

結局体調良かったりまた悪い時が続いたり

薬も効いてるのかよくわからないし飲むのをやめてみたり、やっぱり飲んだ方がいいかも、と処方してもらったり。

結局飲まない期間が所々あったものの、

今年の2月に高血圧でクリニックに行くまでルナベル配合錠を1年半服用していました。

 

そう、その時の婦人科の採血結果は年相応という事でした。

 

原因がわかるまでずいぶんかかったなぁー

 

微熱とか体調悪いとかで病院行っても=血圧測定にはならないですからね。

高血圧だという事を全く知らずに(意識せずに)過ごしてきました(ーー;)