原発性アルドステロン症~日々の出来事つれづれ日記~

原発性アルドステロン症の事、日々の暮らしの些細な事、お気に入りやおすすめなものを綴ります

検査入院(副腎静脈サンプリング)1日目 ①

とうとう入院の日。

 

予報どおり雨~

家を出る頃は結構降っていましたが、病院着く頃には降ってるか降っていないか位。

 

結局、タオルがかさばってリュックひとつにはおさまらず手持ちバッグも。

 

10時に入退院受付へ来てください、との事でした。

皆が10時と言われてるから一気に行っても混んでるだろうし

10時半前に入退院受付へ。

やはり待ってる方がいて番号札を貰って順番待ち。

10分位で呼ばれて保険証見せて誓約書提出し、レンタルパジャマの事など簡単な説明を受け

名前と入院する階と部屋番号の書いたファイルをもらい、

「エレベーター降りてすぐ前にあるナースステーションで声をかけて隣のデイルームでお待ち下さい」と。

 

自分のロッカーに置いてある、いただいたお水や飲みものを取りに行ってから病棟へ、と思っていたけど

11時近くになるし先に病棟へ。

 

ナースステーションで声をかけたらやはりお待たせしてた感じ。

担当の看護師さん、とっても若くて可愛らしい方でした。

 

まずデイルーム(テレビがあってテーブルと椅子がある憩いの場みたいな所)で

「身長体重計りますね~」と荷物を置いてそばにあった計測器に乗り。

バーをものすごく強く押される!しかも頭の中心よりだいぶ左!

「いやいや全然真ん中じゃないですけど!強く押さえすぎですから!」

と心の中でつぶやきました。もちろん口に出して言ってません。

結果いつもより1センチ近く低く(-_-)

何のこだわり?別に病院で測った身長ぐらい…って感じなんですけどね(苦笑)。

 

そのあと病棟内の必要な場所の案内。

テレビカードや飲み物の自動販売機、給湯室(トースター、オーブンも何台かあり)、シャワールーム などの場所を聞いて4人部屋のお部屋に向かおうと…

 

看護師さん「そう、今日シャワー入りますか?」

「はい!入りたいです」

「明日は入れないですし今日入った方が良いですね。遅い時間が良いですか?」

「そうですね、ご飯の後が良いです」

という事で空いていた19時に予約入れてもらいました。

30分単位で予約制になってるようです。

 

4人部屋は入ってすぐ左手にトイレ、右手に洗面所(想像より広い)。

入った瞬間(私は入ってすぐの右側の部屋)左側の部屋の年配の方と目が合って

宜しくお願いしますと言おうとしたら

カーテンをピシャッと締められました。

・・・・

あんまり他人と関わりたくない方なのかな~

 

それからすぐ最初に体温と血圧計測。

左はだいぶ締め付けきつかったし高いかと思ったらどっちも160弱/95とか。

まぁそんなもんかな。

 

続いて採血。

尿は出せる時に出して入口のトイレの1番の棚に置いて下さいね、とカップをもらいました。

 

「今日はレントゲン、心電図、出血時間(?)の検査と先生からの説明があります」

時間はわからないらしい。。

来てくれるという知人に予定を連絡しなきゃだけど。。。

まぁどれもそんなに時間のかかるものではないしな~

 

で、荷物を出して整理。

細長いロッカーもあり、思ったより収納できる!

テレビ台の上にも置き場所あるし小さなテーブルも。

 

小さな冷蔵庫はテレビ同様テレビカードを入れて使用。

持ってきたお水やお茶、夏じゃないし別に冷やさなくてもいいな。

 

と整理してたら窓側のお隣の方が戻って来られ。

宜しくお願いします、と挨拶したら

隣が居なくて寂しかった、と、穏やかなお上品そうな方。

 

話してると薬剤師さんが。

飲んでる薬のチェックでした。

「朝アムロジンだけですね。毎日飲んだ薬をチェックしてるので薬の殻はここに入れて下さい。」と。

とりあえず飲むつもりはないけど一応持ってきた便秘薬や鎮痛剤など全ての薬を持っていかれました。

(チェックされてるんですね、後で返してもらいました)

 

荷物片付けた後は自分のロッカーに必要な荷物を取りに行って、

戻ってきて置いてあったレンタルパジャマに着替え

(パジャマを着ると病人になった気がするから不思議ー)

「病棟のご案内」という冊子を見てたら

外でガチャガチャ音がして前ぶれもなく昼食がテーブルの上に置かれ

ご案内みたら確かに12時とは書いてある!時間通り!!

 

やはりおはし無し、お茶などの飲み物も無しなんだ。。。

(持ち物にお箸とか書いてたから持ってはきましたが。何しろ初めての入院でわからないことが多くて。一般的に?お箸は必ずついてるもの、みたいな感覚があって)

 検査入院1日目の昼食

普通食か治療食って書いてたけど私のって、これって常食?

下に5gって書いてるのはきっと1日の塩分量だと思うし

赤でマーカーしてあるし普通食ではなく減塩食ですね。。

 

減塩食については高血圧がわかってかなり意識していた頃もありますが

今は何となく、の程度(-_-)

 

後片付け…隣の人の見よう見まねで廊下にあった配膳カー?の上に返却。

全てルール?がご案内に載ってるようなのできちんと目を通さねば!です。

 

そう、部屋でスマホ禁止かも?と思ってたら

電話以外はOKでした!!

 

昼食後、ご案内見たり音楽聴いてたら

(一応1000円分のテレビカード買いましたが‥ここまできて別にテレビ見なくてもいいかなーと)

 「〇〇さ〜ん」とベッド後ろから看護師さんの声が。

 音楽聞いてたし一瞬どこからの声だかよくわからず。

ナースコールはあちらからの声も聞こえるんですね。

「検査に行ってもらうのでナースステーションに診察券取りに来て下さい!」

 

診察券を受け取って、そのままレントゲン(正面以外に初めて左横からも)、心電図(いつもより長い時間計測しますね、と)、採血に行きました。

採血室では血の止まる時間を調べます!と

右耳の耳たぶにちくっと針をさされ、何度かその部分にティッシュ?を当てて

タイマーを置いて血の止まる時間を計ってました。

明日の検査で止血に必要な時間を調べてるんですね。

 

 

検査入院(副腎静脈サンプリング検査)1日目 ② へ続きます