原発性アルドステロン症~日々の出来事つれづれ日記~

原発性アルドステロン症の事、日々の暮らしの些細な事、お気に入りやおすすめなものを綴ります

本態性高血圧と二次高血圧

勿論高血圧という言葉は知っていましたが、

その高血圧に本態性高血圧二次性高血圧というものがある事は

アルドステロン症と同じように初めて聞く言葉でした。

 

原因のはっきりしない本態性高血圧

日本人の高血圧の85~90%は、原因のはっきりしない本態性高血圧といわれています。もともと高血圧になりやすい体質や、塩分の摂り過ぎ、肥満、過度の飲酒、運動不足、ストレス、喫煙などが原因で発症すると考えられます。

 

何らかの原因がある二次性高血圧

一方、高血圧の10~15%は、何らかの原因がある二次性高血圧といわれています。ホルモン分泌異常、腎臓疾患、薬剤の副作用などが原因で起こると考えられます。二次性高血圧は、通常の降圧治療では効果がないこともありますが、原因を取り除けば血圧は下がります。

 

二次性高血圧の一つ、原発性アルドステロン症は、アルドステロンというホルモンの過剰分泌が原因で起こります。アルドステロンとは副腎から分泌されるホルモンで、体内の塩分を増やす作用があります。これが過剰に分泌されると、塩分を摂り過ぎていなくても、血圧が上昇するのです。

 

アルドステロン症が確定し、手術適応なら手術したいと伝えたら

先生「二次性高血圧の原因を取り除けば血圧は必ず下がります。二次高血圧の部分は、です」と。

 

 二次性高血圧でなくなっても‥本態性高血圧である場合もあるという事。。。

 

とにもかくにも検査入院して、それから。