原発性アルドステロン症~日々の出来事つれづれ日記~

原発性アルドステロン症の事、日々の暮らしの些細な事、お気に入りやおすすめなものを綴ります

検査入院(副腎静脈サンプリング )退院日

昨日も22時前には就寝。

夜中に1度トイレに起きましたがそのあとすぐ眠れました。

 

朝7時前に起床。

その時間に寝たらいつもは家でも旅先でももっと早く目覚める。。。

入院中は普段よりしっかり睡眠とれてた感じ。

 

私は窓側ではなかったですけど…

それでもお天気が良いのはわかりました。

 

起きた時から何となくムカムカ。

気のせいかな?と思ったけどそうでもなく。

昨日の検査と関係があるのかは?

造影剤入れたせいかな。。。

昨日は2食だったし間食も一切してないし空腹からの気分の悪さ??

 

寝ててもムカムカ治らないだろうし(ひどい訳でもないので)

起きて顔を洗っていたらすぐ看護師さん。

7時、がきっと検温とかに回る時間なんですね。

 

「○○さん調子はどうですか?」

「起きた時から少しムカムカするんです」

「薬のみますか?」

食後でなくても大丈夫だということでお薬をもらって飲みました。

 

看護師さんは部屋単位で担当が決まっているようで

検温とか決められた時間になると、お一人の看護師さんが私たち4人を順番にケアしてくださいます。

 

看護師さんや先生と、私達(他の患者さん)との会話は全部聞こえるので

どういう症状とかなんとなくの病状の事がわかるので、

あまり他人に知られたくない方は4人部屋は無理かもしれないですね。

 

看護師さんは3交代制とかかな。

1日の中でも何人か担当の方が変わります。

19時を過ぎるとナースステーションもがらんとしていました。

   

7時半 朝食。

退院日の朝食

退院日の朝食のメニュー

パンの袋には無塩ロール、と。

 

初日、病院案内してもらって給湯室にオーブンやトースターが設置してある事にちょっと感動して(笑)

使ってみたかったので(^-^)

パンだ!といそいそと給湯室に行き、トースターを使用!

 

すでにお一人高齢の男性の方が使用中。

(トースターは3台ありました)

その方は全く違う形のパンだったので何がどう違うのかな~

とかぼーっと考えごとをして、見ると

あらっ!こげてるーー

 画像、見ての通り(ーー;)

 

昨日も卵なしにチェック付いてたな。。

検査の前後だから??

私は卵良くないのだろうか。。。

牛乳は嫌いなので飲めないし、マーガリンも無理で。

うーん、どう考えても少なすぎ! 

ムカムカしてても食欲はあります、基本かなり食い意地がはってます ^^;

 

食べ終えて。

朝起きた時から多少ムカムカはあるといっても病院に居ても同じだし。

することといえば帰る(退院)準備のみ。

昨日シャワーは×だったから今日入って帰る予定だったんですけど。

土日はシャワーは予約製ではなく

いつでも空いてれば使用して良いということでしたが。

 

またタオルとか濡れると面倒だし、

思いの外髪もべたついてなかったし(笑 髪を1日洗わないとすぐにべたつくタイプなんですけど)

それに!!温度調節の方法を聞いたとは言え

一昨日のあの熱さが脳裏にしみついてるし!

家に帰ってゆっくり入ることにしました。。。

 

で、大した荷物もないし、

8時過ぎには荷物もまとまって。

朝食後には着替えて退院清算に。

 

今日は土曜日。

ナースステーションにいる看護師さんも少ないし

入院の病棟でも土日は休日感満載でほんとに静かでした。

 

昨日看護師さんに退院時間は何時ですか?と聞いたら

「全然何時でもいいですよ」と。

そうなんですね…となんか不思議でした。

先生が朝食はつけてるからそれ食べてからいつでも、というような。

土曜ということも関係あるんでしょうか。。。

普通?は10時だと思ってました。

 

で、清算後、部屋に戻って。

数日だったけれど一緒だった方に一言ご挨拶、と

まずお向かいの方と。

「若いしお元気そうにみえるのに…」と昨日お隣の方にも同じように言われました。

(決して若くないけれどご高齢の方に比べたら、という事です)

かくかくしかじかで~と私の今回の入院目的を、そして○○さんのご病気について

伺って。

全然私なんかより大変なのに

「お互いに頑張りましょうね」と(涙)。

 

と話してる時に主治医の先生。

やはり朝からさわやか。

足元のスニーカーが光って見えました(笑)。

「どうですか?」

「朝から少しムカムカはありますけど。先ほど吐き気止めをもらって飲みました。造影剤とか関係あるんですかね?」

「今日になって造影剤は関係ないと思います。鼠径部が痛むとかはないですか?」

「いえ、特に」

「心臓は痛くないですか?」

「全然」

「もし何かあったら連絡して救急を受診してください。特に嘔吐したら必ず受診してください」

先生、有難うございました~

 

次にお隣の方にも。

お隣の方も同じように今日退院という事で荷作りされていたし

初日に長くお話したし簡単に。

 

で帰ろう!と荷物を持って。

ナースステーション見ると誰もいない…どうしようかな、このまま帰って良いのかな?

と思ってると中からお一人看護師さんが。

やはりいちおう、と声かけたら

「担当呼びますね」と。

中から「帰るな帰るな」とか聞こえてきました(笑)。

そうですよね、退院清算が終わったとはいえ声もかけずいなくなるなんて ^^;

で、担当の看護師さんという方が出てきて(その看護師さんは初見でした)

「ごめんなさい、何かありましたか?」と聞くと

「ちょっと待ってて下さいね。部屋のチェックしてきます」

忘れ物がないか、とか引き出しのキーはちゃんとつけてあるか、とかの確認ですね。

で、戻って来られてA4の紙に書いてある項目を確認(チェック付けて)。

「帰ってOKです」となりました。

  

帰る前にナースコールを鳴らした方が良かったようで。

どうもナースコールってどうにも体調が悪いとか緊急の時にならすイメージで。

 

2泊3日だったし、荷物もそれほどでもなく。

外に出ると天気も気候(暑さ)も丁度よく清々しい感じで。

昨日の衝撃が遠いことのような。

ちょこっと用事で来て帰る、みたいな感じでした。

 

あとは2週間先、副腎静脈サンプリング検査の結果待ちです。