原発性アルドステロン症~日々の出来事つれづれ日記~

原発性アルドステロン症の事、日々の暮らしの些細な事、お気に入りやおすすめなものを綴ります

血圧を意識するようになる

血圧は健康診断で1年に1度測るのみでした。

1度目「ちょっと高いですね~」

2度目「少し下がりましたね~」

毎回看護師さんとこんな会話。

で、健診結果は数年前に1度「経過観察」と書かれてあった位で。

 

昨年冬まで全くもって!!気にしてませんでした。

数年前から体調悪くて採血はしても血圧測れと言われたこともないし。

 

ほんとに血圧なんてノーマークでした!!

  

今病院で事務をしています。

脳外科の先生が「血圧の管理が重要です!」と患者さんによく力説しているのを聞いていて。

血圧か…確かちょっと高いって言われてたな、と測ってみたところ。

 

高いかも!?

 

そこから時々測り始めました。。

それが昨年の冬。 

週に何度か測るようになりましたがやはり高い!!

高い時は200近くあったり。

150位の時もありますが全般的に標準よりずいぶん高いです。

 

高いと思うと?息苦しい気もするしやはりほっておいたらまずいな~と

高血圧でクリニックに行くことにしました。